老人性イボ 太もも 腹部

腹部ににできたポツポツ、太もものポツポツも老人性イボ?

 

 

 

首周りにできるポツポツイボが
老人性イボだというのはよく知られたことですよね。

 

 

加齢が原因で発症する
「老人性イボ」首周りや胸もとにできる、気になるイボです。

 

 

でも、私が今悩んでいるのは、
同じようなポツポツが、腹部や太ももに出来てる事なんです!

 

 

 

首周りにあった老人性イボは、
自宅で対策用化粧品を使って3ヵ月ほどで取れました。

 

 

その矢先、今度は腹部と太ももにポツポツが・・・

 

なんなんですか? これも老人性イボ?

 

 

老人性イボに関して、
調べたうえで対策用化粧品を選びました。

 

 

でもその時に腹部、
太ももの事なんて考えてもいなかったんで、

 

 

今度は、腹部、
太もものポツポツについて調べてみました。

 

 

 

これも老人性イボなんでしょうか?

 

 

 

お腹は、あらゆるイボの・・・

 

 

老人性イボの主な原因は、
紫外線ダメージの蓄積、加齢による代謝の低下、
ホルモンバランスの乱れなどと言われていますよね。

 

 

妊娠中や産後も肌が敏感になり、
摩擦やホルモンバランスの乱れで老人性イボができたりもするそうです。

 

 

とはいえ、やはり大きな原因は紫外線。

 

 

長年蓄積されたダメージが引き金になるようです。

 

 

シミやしわと同じなんですよね、メカニズム的には。

 

 

でも、お腹や太ももって、
顔や首などと比べると紫外線を浴びる頻度は少ないと思うんですよ。

 

 

 

シミやしわの数だって
顔や首に比べれば絶対少なくないですか?

 

 

比較的乾燥も少なくて、保湿も十分されていると思いますし、
老人性イボができる要因は少ない気がするんですが、なぜできたのか?

 

 

 

調べた結果は驚きの、
「お腹はあらゆるイボのできるデパート」のような場所だったんです。

 

 

 

お腹や太ももにできるイボ

 

 

腹部や太ももにできるイボの種類は、
あらゆるイボとしか言えないほど、多いですね。

 

 

(イボ@)

 

老人性イボの「アクロコルドン」
はホルモンバランスの乱れる妊娠中などに、腹部や太ももにできやすく、

 

30代以上になると確率が高くなるそうです。

 

腹部、太ももは、露出は少ないですが、
摩擦によって、老人性イボを刺激してしまいます。

 

老人性イボの原因の一つ、
摩擦が起こる可能性が高い場所なんですね。

 

 

大きくなったり、増えたりする原因ですね。

 

 

 

(イボA)

 

ウイルス性イボも免疫力の低下などで感染しやすく、
腹部、太ももにもできやすいイボなんですね。

 

悪性のものも多いので、
皮膚科などで診察を受けた方が良いイボですね。

 

腹部、太ももは露出が少ない分、
摩擦が大きいので、ウイルス性イボを
刺激する事で大きくなったり、広がってしまうことになります。

 

早めの処置が必要ですね。

 

 

 

(イボB)

 

水いぼも、腹部や太ももにできやすいイボなんです。

 

〜5oぐらいの粒状のぷくぷくしたイボですね。

 

子供たちなどに多くみられるイボです。

 

タオルの使いまわしや接触によってうつる可能性があります。

 

からだのあちこちにできるのも特徴で、
腹部や太ももも例外ではないんですね。

 

 

 

 

腹部や太ももはイボのデパート

 

 

お腹や太ももにできたイボを
安易に判断するのは、怖いかもしれませんね。

 

 

あらゆるイボができるデパートのような、
腹部や太もものイボは医療機関で診察を受けることをお勧めします。

 

 

 

私も怖くなって一度診察にいきました。

 

結果は、老人性イボ。

 

 

嬉しいわけではないですが、
安心はしました。

 

 

首周りのイボを取ったように、
自宅でケアしています。

 

 

イボの種類を把握できれば、
対策用の化粧品類で対策がとれますからね。

 

 

 

お腹と太ももに、イボ対策用のクリームを
塗りはじめてから、お腹も太もももキレイになった気がしています。

 

 

美容成分も配合されているものだからと思いますが、
全身に使うようになりました。

 

 

 

イボのデパートには入念にマッサージしながら塗り込む毎日です。

 

まずは、診察。

 

 

そして、毎日のスキンケア、これが肝心ですね。

 

⇒老人性イボのコスメなら!