老人性イボ扁平 老人性イボメラノーマ

扁平上皮癌ってご存知ですか?恐ろしいメラノーマ知ってますか?

 

 

 

首にできた老人性イボが気になって調べてみたんです。

 

イボって怖いですよ。

 

 

私が調べた感想です。

 

 

老人性イボが嫌で嫌でどうにかしたい!

 

と調べ始めましたが、
今では、これが老人性イボであることを願っています。

 

 

老人性イボは、気になりますが、
放置していても体には無害ですが、
イボだと思ったら、とんでもないモノだったってことがあるようです。

 

 

 

参考になればうれしいです、
老人性イボであってくれ!って思うはずですよ。

 

 

 

扁平上皮癌ってごぞんじですか?

 

 

誰にでもホクロやイボができる可能性はありますよね。

 

あれ?こんなところにホクロあったかな? 

 

 

あれ、イボがある?

 

普通にあることですよね。

 

 

でも実はこれが、
ホクロや老人性イボじゃなく
「皮膚がん」だったら・・・実際こんなことがあるんです。

 

 

病名も聞いたこともない皮膚がん。

 

 

扁平上皮癌って知ってますか? 

 

悪性黒色腫メラノーマって知ってますか?

 

私は、聞いたこともありませんでしたし、
そんな可能性すら考えたこともありませんでした。

 

 

知ると怖いですが、
早期に知ることが大切ですよ!

 

 

 

老人性イボと皮膚がん

 

 

老人性イボは良性の腫瘍、
言ってしまえば、角質のかたまりです。

 

 

放置しても害はありません。

 

 

まぁ〜かなり気になりますが。

 

 

自宅での対策で治すことが可能ですよね。

 

 

でも皮膚がんとなるとそんなことでは済まされません。

 

 

見分け方も一般人にはわかりづらいものがあるそうです。

 

 

 

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)という皮膚がんは、
日本人だけで毎年10万人に2〜3人が発症するそうです。

 

 

原因は、紫外線による細胞破壊、
60歳を過ぎるころから初期症状が現れるそうです。

 

 

 

最も強力な悪性度を持つといわれるのが、
悪性黒色腫、メラノーマと呼ばれるものだそうです。

 

 

メラノーマは、
放置すると大変危険なんです。

 

 

全身に転移し、
最悪の場合5年生存率は10%以下とも言われているそうです!

 

 

こ、怖すぎませんか?

 

 

悪性黒色腫メラノーマのような疾患の治療は、
クリニックレベルでは厳しく、入院施設のある大病院、

 

大学病院レベルでの治療が必須になるらしいです。こ、怖すぎます。

 

 

 

ホクロやしみとの判別方法は、素人、
一般人にはわかりづらいです。

 

 

だから余計怖いですよね。

 

 

老人性イボは、足の裏や手のひらにはできないので、
発症した部位によっては判断できそうですが、、、

 

 

メラノーマの特徴は、左右非対称、
縁が不整で色素の染み出し、色むらなどがあり、
白色、茶色、黒色が混ざり合っている・・・

 

 

わかるはずがありません、
少なくともわたしは全然判断なんかできないと思います。

 

 

ほくろのように隆起するともあり、
老人性イボなのかほくろなのか、
メラノーマなのかなんてわかるはずがありませんよ。

 

 

 

 

見つけたらすぐに病院で診察しかありません。

 

老人性イボだと診察されることを祈りながら病院に行きましょう!

 

 

老人性イボなら自宅で治せます、
悪性のものは、お医者さんに任せましょう。

 

 

調べて良かったと思っています。
身体にできるポツポツを甘く見ちゃいけなかったんです。

 

 

怖すぎますから。