老人性イボ木酢液 老人性イボもぐさ

木酢液で老人性イボは治るかな?イボにはもぐさとも言うけれど・・・

 

 

 

 

 

イボには「木酢液」が効く! 

 

イボには「もぐさでお灸」が効く!

 

聞いたことありませんか? 

 

 

民間療法の中でも、
かなり昔から伝えられている方法ですね。

 

 

 

木酢液の効果はどうなのか・・・?

 

 

木酢液でイボがとれるという口コミはかなり多いですよ。

 

 

木酢液というのは簡単に言うと、
炭を焼いた時に出る煙を冷やして液状にしたものです。

 

 

なので、どんな木からでも作ることができるんですよね。

 

 

 

木酢液の危険性って聞いたことありますか?

 

 

どんな木からもできるので、
建築廃材や製材くずからも作れるので、
素材によっては発がん性のものや、肌に悪影響を及ぼすものもあるんです。

 

 

園芸などやられている方は、
木酢液を使用されたことがあると思いますが、園芸用などで使われる木酢液を、

 

 

間違っても自分のイボ取りのために使用しないでくださいね。

 

 

肌に使える木酢液は、
安全な工法で作られた質の良いモノしか使用できませんよ。

 

 

 

農薬的に使われる木酢液と入浴剤、消臭剤、
殺菌剤など用途があり、質が違うことを把握しておくことが大切ですね。

 

 

 

木酢液は非常に強力な薬剤です、
老人性イボに使用することはお薦めしません。

 

 

イボはイボでもウイルス性イボには、
強力な殺菌作用が効果を発揮しますが、
老人性イボに殺菌作用はあまり意味がありません。

 

 

健康な肌も痛める可能性もあるので、
老人性イボには使用しない方がいいんです。

 

 

木酢液で取れるのはウイルス性イボ。

 

 

ここがポイントです。

 

 

 

 

もぐさでお灸の効果はどうなの?

 

 

もぐさのお灸でイボがとれる! 

 

 

これも口コミやお年寄りの声として多い方法ですね。

 

 

お灸はイボを燃焼させることで取り除く方法、
イボにピンポイントでもぐさを乗せて火をつけるわけです。

 

 

お灸って熱くて痛いイメージがあるようですが、
「あったかーい」程度のどちらかというと気持ちのいいものです。

 

 

お灸は即効性ある治療法ではありませんが、
自然治癒力を高めるうえでは効果的な方法なのは間違いないようです。

 

 

老人性イボをお灸で直接治せるか?

 

と言うとそうではないようです。

 

 

まして、老人性イボのできやすい首や胸もとは肌がデリケートな部分。

 

熱は伝わりやすそうですが、少し怖いですね。

 

 

もぐさのお灸もまた、
老人性イボより、ウイルス性イボの方が有効的なようです。

 

 

イボの奥の芯まで熱による
ダメージを与えることができるため効果は期待できます。

 

 

お灸もまた、肌へのダメージが少なからずある方法です。

 

 

お灸の後は肌のケアをお忘れなく。

 

 

 

 

老人性イボには!!

 

 

老人性イボは、紫外線のダメージ、
肌代謝の低下に原因があります。

 

 

老人性イボを自宅で治療するには、
角質を落とす栄養素や美容成分を含んだものでの治療が有効的ですね。

 

 

老人性イボ対策用のクリームやオイルを使って、
肌を活性させることが根本的な治療につながります。

 

 

 

イボだけに効果を発揮しつつ、
まわりの肌も健康にするような対策がおすすめですね。

 

 

⇒老人性イボ専用コスメなら!