老人性イボ 皮膚科 皮膚がん

皮膚科で診てもらう、これが肝心!老人性イボか皮膚がんか

 

 

 

その首周りののポツポツ「老人性イボ」だね。

 

友人から指摘を受けて、
わたしの首周りにできたポツポツは「老人性イボ」と自身にすり込まれました。

 

 

老人性イボのこと、
治療やケア商品などを、ネットの前で探す毎日。

 

 

検索窓に何度「老人性イボ」と打ち込んだやら・・・

 

 

そんな時に知った、
怖い勘違いについてのお話をしたいと思います。

 

 

命を落としかねない
「怖い勘違い」かもしれない老人性イボのお話です。

 

 

わたしの首周りのポツポツは、
本当に「老人性イボ」なんでしょうか?

 

 

 

 

ポツポツは老人性イボとは限らない

 

 

老人性イボのケア商品が
多数販売されて現在、ネットで「老人性イボ」で検索すれば、

 

 

読み切れないほどの記事と口コミが氾濫しています。

 

 

わたしのコレもその一つですが・・・

 

氾濫した記事の中から、たまたま見つけた「皮膚がん」の記事。

 

 

老人性イボだと思って放置していたら、
皮膚がんに移行して手術で患部を摘出したという記事でした。

 

 

この記事、かなりリアルで怖さを感じたんです。

 

 

「老人性イボは、放置していても
体には害がない、見た目だけ気にしなければ。」

 

 

これが、氾濫した情報のほとんどの
見解でしたから、「皮膚がん」とか寝耳に水の事でした。

 

 

 

ここからです、

 

「わたしの首のポツポツは、本当に老人性イボなのか?」

 

と不安になったのは。

 

 

 

 

老人性イボと思ったら皮膚がん

 

 

老人性イボは良性腫瘍で角質のかたまり。

 

 

放置していても害はない。

 

 

皮膚にできる悪性腫瘍、
皮膚がんと素人が見分けがつくのでしょうか?

 

 

皮膚にできる悪性腫瘍について調べていくと驚愕ですよ。

 

 

老人性イボの原因は紫外線、
加齢などですが、同じ原因で皮膚がんが発症するそうです。

 

 

紫外線ダメージで皮膚がんの話は聞いたことがありましたが、
老人性イボと見分けがつきづらいものが
こんなに多いなんてショックでしかありませんよ。

 

 

危険な悪性腫瘍と老人性イボは
一般人には見分けがつかないんですよ、実際に。

 

 

悪性腫瘍の場合、命の危険もあるんです。

 

 

私にはこの事を知るまで、
老人性イボで病院に行って診察を受けるなんて思ってもいませんでした。

 

 

私に「老人性イボだね」って
言った友人も一般の主婦。

 

わかるわけがないんです。

 

 

すぐに私はビクビクしながら皮膚科に行きました。本当に夜も眠れずでしたよ。

 

 

結果は・・・「老人性イボでした!」

 

 

なんだよ〜って思われるかもしれませんが、
私が言いたいのはこれが肝心なんですよ!って事です。

 

 

不安と悩みで眠れない夜を過ごす前に、
しっかり皮膚科で診察してもらうこと。

 

 

 

イボにはたくさんの種類があり、
それぞれに処置も治療も異なっているんです。

 

 

「老人性イボ」だとハッキリわかれば正しい選択肢も見えてくるはずです。

 

 

 

 

ちなみに私は、皮膚科での切除をしませんでした。

 

毎日のスキンケアで老人性イボの対策をとる方法を選びました。

 

 

ゆっくりじっくり自宅でのケアで改善は見込まれるのですから。

 

これは診断してもらったからこその安心と納得の方法です。

 

 

首イボで悩む前に、診察を受けること。

 

 

これが一番肝心ですよ。

 

 

 

あなたの首のポツポツは本当に老人性イボですか?

 

 

⇒老人性イボのコスメなら!